新綸科技開発センターは、自身のビジネス優位性と未来の発展戦略に基づき、光電子ディスプレイ機能材料、高性能新エネルギー材料、高性能繊維材料、静電気防止/クリーンルーム製品材料の四大領域の開発方向を確立し、多額の開発費用を投入し、研究成果の応用化を推し進める。

四大研究领域

wwpic134 (1).jpg

ポスタドクター革新基地(深圳)

新綸科技は、2015年年初、ポスタドクター研究員革新実践基地の設立承認を得られ、基地を設立した。ポスタドクター基地は、主に、ハイエンド新材料領域の基礎研究開発を担当し、戦略の実践に、開発と技術の支援を与える。今まで、ポスタドクター革新基地は、2名のポスタドクター研究員を雇い、かつ専門な研究チームを整えた。

IMG_5263_1.jpg

機能材料開発センター(蘇州、常州)

2013年、発展方向を新材料に変革すると決め、蘇州、常州に、光電子ディスプレイ機能材料の開発と検査実験センターを設立した。主な開発製品は、機能性テープ、高度浄化保護膜、液体光学ゴム(LOCA)、放熱材料等。光電子ディスプレイ機能材料開発センターの面積が4600平方メートルである。センターには、恒温恒湿の十万レベルのクリーンルームや百レベルのクリーンルーム、ハイエンドな機械と設備400台/セット以上がある。また、優秀な開発チームを構築し、その中、海外卒業生2名、博士4名、修士26名がある。年間新開発品種が200種以上、構築してから3年間、50以上の特許を申請した。

深圳新綸先進材料科学研究院

深圳新綸先進材料科学研究院は、2014年に設立され、深圳市南山区に位置づける。主な研究方向は、高性能新エネルギー材料の研究開発であり、製品は、リチウム電池包装材料、高性能バリア材料、高性能包装材料等を含む。

                   

ハイポリマ材料開発センター(深圳)

深圳市ハイポリマ材料開発センター(即ち、静電気防止/クリーンルーム開発センター)は2008年に設立され、深圳市市級研究開発センターである。主には、超净清洗剤、高効率静電気防止剤、空気浄化/濾過材料、クリーン拭取り材料、静電気防止織物及び導電ハイポリマ材料の研究開発である。 数千万元を投資し、業界においても、最大、トップレベル、専門的な静電気防止/净清テスト、及び恒温恒湿の十万レベルのクリーンルームや百レベルのクリーンルームを建設し、面積は1100平方メートルである。業界トップレベルの、最も完備なテスト設備を持ち、净清設備に関するテスト機械、設備は100台/セット以上がある。放送材料、手袋と指サック、拭取り材料、静電気防止服と織物、マスク、不織布、靴、原材料、水、净清区環境、静電気テスト項目等、10大シリーズ製品を含む130項目以上のテスト項目を持つ。専門的な技術人材と開発スタッフを育ち、その中、海外卒業生2名、博士2名。 静電気防止/クリーンルーム製品に関する关特許を130項目以上申請し、その中、発明特許の比例が50%以上。東華大学、蘇州大学、西安工程大学、中藍晨光化工研究院、复旦大学等の科学研究所との協業開発が8項目がある。自主開発した「静電気防止クリーン・シームレス服」、「改良型静電気防止服」、「洗濯に耐える高ESD遮蔽性能服装」、「P.F.Aクリーン拭取り布」、「安定的な電気抵抗の静電気防止/伝導靴」、「高級静電気防止クリーン服」、「静電気防止クリーン拭取り布」は、中国業界内初と認定され、市級科技成果認定に承認された。
IMG_5263_2.jpg

高性能繊維及び複合材料開発センター(成都)

主には、PBOスーパー繊維、アラミド繊維等及び製品等の高性能繊維及び製品の開発と応用研究を展開している。現在、深圳に、アラミドチョップドファイバ、アラミドバルブの開発チームを設立した。アメリカ、ドイツ、ベルギー等の国から、先進的な開発実験とテスト設備を導入し、パイロット生産ラインを設立した。将来は、成都センターの高性能繊維の上下生産ラインにおける産業と人材の優位性を利用し、成都に、高性能材料開発本部を設立する予定。